ホーム > 水虫・巻き爪

水虫・巻き爪

水虫

薬を塗ってカビを退治
かゆい症状の人は2割程度

夏場になると増えるのが水虫です。「水虫=かゆい」というイメージを持たれている方も多いようですが、実はかゆさをともなっている人は全体の2割程度と言われています。
ほとんど自覚がない状態で、水虫を抱えている人も多くいます。足裏の皮、指股の皮がよくむける人は水虫かもしれません。

原因はカビ、色々な場所から感染します
水虫の原因はカビの繁殖で、簡単に他の人へと感染しますし、薬を使用して足を治療しても、靴やスリッパ、裸足で歩いた床にカビが付着していたらまた再発してしまいます。
ポイントは足をこまめに綺麗にすること、素足で触れた場所は掃除しておくことです。
薬を塗ってカビを退治
カビの治し方は簡単、抗真菌薬の外用です。
患部に塗ってカビを退治しつつ、身の回りを清潔に保つようにしましょう。水虫は一度移ってしまったら自然に治ることはありません。

他者への感染拡大を防ぐためにも、「足の皮がむける」「足の皮膚が硬い」「とにかくかゆい」といった症状があらわれたらすぐに皮膚科へお越しください。

巻き爪

正しい予防を行いながら矯正治療を
大事なのは予防。正しい切り方・選び方を

巻き爪に悩まされて当院へ来院される方は少なくありません。
これら巻き爪の症状の原因は、「爪の切り方」と「靴の選び方」にあります。いくつかの病院では治療だけを行ってこれらへの配慮が不十分なことがあり、何度も巻き爪を繰り返すことになって苦しむ患者さまがいます。
そうならないよう、当院では原因の改善を行った後に適切な治療を行います。

具体的な予防法
巻き爪にならないよう、足の爪は少し伸ばし気味にしましょう。
また爪の角が皮膚よりも出ているようにしてください。さらに靴の選び方。つま先に1センチほどの余裕があるものを選びましょう。こうすることで爪の伸びるスペースが確保され、丸まって皮膚に食い込む痛みに悩まされることはなくなります。
正しい予防を行いながら矯正治療を
正しい爪の切り方・靴の選び方を行い、状況が整った後に巻き爪の治療を施します。
当院ではワイヤー矯正などで曲がった爪を正していきます。
ホームページを見たとお伝えください 03-5480-0577
アクセス




〒144-0052
東京都大田区蒲田1-26-14

アクセス
JR「蒲田」駅東口より徒歩4分
京浜急行「蒲田」駅西口より徒歩8分

診療時間
10:00~13:00 ※受付時間12:30迄
16:00~20:00 ※受付時間19:30迄

休診日
月曜、日曜・祝日

詳しくはこちら